我が家の愛犬の不思議

こんにちは。

 

今日はちょっとした疑問について

お話しさせていただきます。

 

 

 

これは、我が家の愛犬、まっくです。マルプーです。

この写真は、我が家に

やってきたてほやほやの子犬の時です。

お写真からお分りいただけるかと思いますが、

(って言いながらそんなに画質よくないですが)

子犬の時は耳が濃いベージュで

体は白っぽいベージュだったんです。

 

私はこの色のまま

大きくなると思ってました。

 

それから数年後。

 

 

おわかりですか?

そうです、少し、白くなったんです。

(耳だけ薄い茶色)

 

ちなみにこの写真は

「このお家に入っていいの?」

と言っている、

というシチュエーションを演出するために

小屋の前にまっくを座らせて

目線をお菓子でこちらへ釣り、

さらに高い声か何かを出し、

犬の習性を利用して

首を傾げさせる、

という、母親の完全計画によって

撮影されたものであります。

 

と、まぁ、

それは置いといて、

これが現在です。

 

 

 

もう、ベージュの痕跡が

ほぼありません。というか、白です。

 

 

でもなんかたまに、

耳の毛が伸びた時だけは、

ベージュがかってたりします。

 

でも基本は、白です。白い犬です。

 

 

なぜでしょう?

なぜ、

大きくなったら、色が薄くなるんでしょう??

 

不思議です。

 

まぁ、可愛いから

なんでもいいんです。

 

 

それではまたいつか、まっくの弟分、

ポテト(通称ぽっちゃん)の

お話をさせて頂きます。

 

Nae