自然で綺麗な眉を描く3つのポイント

 

こんにちは。

今日は眉毛について

真面目にちょこっとだけお話します。

 

 

 

 

同じ顔のニコちゃん。

眉毛の形が違うだけで

こんなにも印象が違います。

 

それだけ、眉毛は

人の印象を大きく左右します。

 

細い、太い、濃い、薄い、

直線的、曲線的、

好みは人それぞれです。

 

でも、なかなか、

どんな眉が自分に似合って

どんな眉がよりよく

見えるのかわかりませんよね。

 

 

眉を描くポイント、コツは

たくさんあるのですが、

明日からすぐに実践できることを

少しだけ紹介させていただきます。

 

 

 

①まず、眉を描くであろう範囲は

 ファンデーションでサラッサラにしてください。

 経験のある方もいると思いますが、

 変に油分が残っていると、

 パウダーやペンシルが

 のったりのらなかったりして、

 ムラになってしまいます。

 

②眉頭はどこよりもぼかしてください。

 眉頭が濃いすぎると、顔全体がきつく見えてしまいます。

 ちなみに、眉のアウトライン(輪郭)も

 ぼかしてください。

 はっきりくっきり描かれた眉は、

 不自然さを強調してしまいます。

 

③眉の中央あたりに濃い線を一本入れてください。

 そしてそれをぼかして周りとなじませます。

 つまり、中央部分の濃い所以外は

 思ってるより薄く描いてください。

 中央から輪郭に向かってグラデーションを

 作るイメージです。

 そうすることで、のっぺりした眉にならずに、

 立体感のある眉を描くことができます。

 

 

その他、細かいことを言えばたくさんあるのですが、

まずはこの3つを実践してみてください。

 

よくわからない方は、雑誌などのモデルさんや芸能人を見て

この3つのポイントを確認してみてください。

あ、確かに、そうなってる。

と感じると思います。

 

 

メイクの中でも、

うまくいかない日は

とことんうまくいかない眉。

でも、それを上手に描くことができれば、

いつもよりほんの少しでも、

気分は上がると思います。

 

自分に似合う眉をしっかり研究してみてください。

 

また、どうしても眉が迷宮入りだという方は、

眉カット、眉レッスンなどのメニューも

ご用意してますので

お気軽にお声掛けください。

 

もちろん、会話の途中で聞いて頂いても、

口頭でよろしければ

ペチャクチャと喋らせていただきます。

 

 

以上、眉のお話でした。

 

 

 

冒頭に、ニコちゃんの絵が

必要だったかどうかはそっとしておいてください。

 

Nae